Publications and Copyright

 

 

John Cole. “Musically Speaking: Essential English Conversation for Students of Music”(2018). 129 p.

© 2018 John Cole All Rights Reserved Text Introduction and Table of Contents PDF / Sample Unit PDF / 概要 PDF

John Cole. “Tilly Losch.” Elisabeth University of Music research bulletin, Vol. XXXVIII, (2018) pp. 43-55.

John Cole. “Harmony.” Elisabeth University of Music research bulletin, Vol. XXII, (2012) pp. 85-94.

John Cole. “Brillocco.” , Vol. XXVII, (2007), pp. 85-94.

 

John Cole. “Listening to Mulberry (1998): An Analysis of the Orchestral Techniques of Jo Kondo.” , Vol. XXVII, (2007) pp. 15-30.

 

John Cole. “An Introduction to the Music of Jo Kondo” ExTempore, Journal of Composition and Theoretical Research in Music

Vol. XIII/1, Spring / Summer (2006), pp. 70-143.

 

John Cole. “An Introduction to the Music of Jo Kondo: The Origin and Development of his “Sen no Ongaku” Style.” Doctoral dissertation.

Elisabeth University of Music (2004). 424 p.

 

John Cole. “Haba Traipse.” Elisabeth University of Music research bulletin, Vol. XXII, (2002) pp. 85-94.

 

John Cole. “Making of an Expat.” Kansai Time Out February (1998) p. 34.

 

John Cole. “Ballet.” MFA dissertation. Simon Fraser University, October (1993). 51 p.

 

Co-authored Publications

 

 

John Cole and Akihiro Kurozumi

– Translation of The Music Theory of Yuzuru Shimaoka (2005)

John Cole and Yuki Umesaki

– Translation of Murray Schafer’s “The Thinking Ear” (2008 – present)

プロフィール

 

作曲家。カナダのビクトリア大学音楽学部卒業、サイモンフレイザー大学大学院修了。作曲を、マイケル・ロントン、ジョン・マッケー、ルドルフ・コモロスの各氏に師事。トロント現代音楽コンサート運営委員、ビクトリア音楽大学講師(サウンドアート)、サイモンフレイザー大学ティーチングアシスタント(音楽史、現代作曲家研究)を歴任。作品は、独奏曲、室内楽、管弦楽曲、シアターピース、サウンド・アート作品など多岐にわたり、カナダ、日本、韓国などで演奏されている。B.C.文化財団賞、カナダカウンシル助成金、ヴァンクーヴァー・ニューミュージック・ヤングコンポーザーズ・コンクールなど、数々の賞を受賞。その後、日本政府文部省研究留学生奨学金、広島国際センター奨学金、ロータリー奨学金を得て、エリザベト音楽大学大学院博士後期課程に入学。作曲を近藤譲氏に師事。同じ大学でホアキン・ベニテズ氏の指導の下、 同課程を単位取得退学後、近藤譲 の作品をテーマとした論文により同大学博士学位を取得。また、エリザベト音楽大学非常勤講師 (ソニックラボラトリー、楽曲分析、作曲、英会話、TOEIC)を務める傍ら、現代音楽と古楽を中心としたレパートリーを持つアンサンブル「アンサンブル・ソノーレ」を結成し、積極的に活動を展開すると同時に、現代音楽関連雑誌 "ex-tempore" の副編集者としても意欲的に活動している。

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now